みぞれ、あられ、ひょう、雪の違いとその英語と漢字をご紹介!

生活の雑学

スポンサーリンク

クリスマスやバレンタインの季節になってくると、子供の頃は「雪」が嬉しいものでした。

北海道や東北のほうにお住いの方々は、もう嫌というほど見てきているのではないでしょうか。

 

私は雪がそんなに降らない地域に住んでいましたので、「雪だ!」と思ったら、車やお店の壁などに「コツン!」「カン!」と氷の粒が当たり、母が「これはひょうだよ。」なんて思い出もあります。

 

氷の粒が降ってくる天気。

もちろん「」もそうですが、「あられ」「みぞれ」「ひょう」もそうですよね!

これらにはきちんと明確な違いがあるんです。

 

余談ですが、マンホールに雪が積もると更に大雪になるってご存知でしたか?

そんな「観天望気」と呼ばれる天気の知恵をご紹介しています。

こちらをどうぞ!

観天望気20選!テレビがなくても天気はわかる!

 

みぞれ、あられ、ひょう、雪の違いとその英語と漢字をご紹介!

みぞれ、あられ、ひょうの違い

「みぞれ」って?

  • 」は空から水滴が降ってくる天気ですよね。
  • 」は空から氷の結晶が降ってくる天気ですよね。

 

  • みぞれ」は「雨」と「雪」が混じったものが降ってくる天気なんです!

 

 

上空では「雪」として降ってきたものが、途中で溶けてきてしまったものが「みぞれ」となるんです!

 

雨から雪に変わる季節や、その逆で、雪から雨に変わる季節によく見られます。

 

地上で0℃以上の気温。

上空1500メートルでマイナス6℃以上、マイナス3℃未満のときにみぞれになることが多いそうです。

 

「みぞれ」は気象観測では「雪」と分類されています。

なので雪より先にみぞれが降った時は、その時が初雪になるんだとか…

 

みぞれの漢字

ちなみに、みぞれは漢字で「」と書きます。

「雨かんむり」の下に「英」ですが、この「英」には「花」という意味があります。

つまりみぞれは「雨の花」だと、昔の方は例えたんですね!おしゃれ…

 

「あられ」って?

スポンサーリンク

「みぞれ」についてはよくわかっていただけたと思います。

では「あられ」はどうでしょうか!

 

  • あられ」は、氷の粒であり、その直径が5ミリ未満のものを指します。

 

「むむっ!雪との違いがわかりにくい!」

と思われますが、その明確な違いは、雪は氷の結晶ですが、あられは氷の粒です。

そして、「あられ」は地面に落ちたときに跳ねます

 

あられの漢字

ちなみに「あられ」を漢字で書くと「」です。

「雨かんむり」の下に「散」です。雨が地上付近で固まり、パラパラと散って落ちてくるものということから、この漢字になったんですね!

わかりやすい!

 

 

「ひょう」って?

スポンサーリンク

「雨」「雪」「みぞれ」「あられ」についてはわかっていただけましたか?

最後の「ひょう」ですが、

 

  • ひょう」は、氷の粒であり、その直径が5ミリ以上のものを指します。

 

そうなんです。あられは5ミリ未満の氷の粒、ひょうは5ミリ以上の氷の粒。

違いは大きさだけです!

 

なので5ミリくらいの氷の粒が降っていても、普通の人なら見ただけで「あられ」か「ひょう」かは判断が難しいのではないでしょうか!

よっぽど大きい氷の粒なら「ひょうだ!」とわかりますが…

 

なんと世界最大のひょうは、1917年(大正6年)の6月29日に現在の埼玉県熊谷市に降りました!

そのサイズは29.6センチ!重さは3.4キロ!かぼちゃくらいのサイズだったようです!

 

もうそれ、ひょうじゃなくて隕石だよ!こわい!

 

ひょうの漢字

そんな「ひょう」ですが、漢字では「」と書きます。

「雨かんむり」の下に「包」です。「包む」という字には、文字通り何かを包むという意味の他に、「丸く覆う」という意味があります。「あられ」よりも「より丸く覆われた氷の粒」というイメージからこの漢字があてられたのでしょうか。

 

英語ではなんていうの?

スポンサーリンク

  • 「雨」は、rain(レイン)
  • 「雪」は、snow(スノウ)
  • 「みぞれ」は、sleet(スリート)
  • 「あられ」は、hail(ヘイル)
  • 「ひょう」も、hail(ヘイル)

 

「あられ」と「ひょう」は同じように呼ばれているんです。

あられは「小さいhail」で、ひょうは「大きいhail」なんですね!

 

さいごに

いかがでしたか?

余談かもしれないですが、最後に「雪」という漢字について…

 

「雪」は、「雨かんむり」の下に「ヨ」です。

この「ヨ」はどういう意味かご存知ですか?

実は「彗」という字からきています。この文字、「彗星」などで見たことがあるのではないでしょうか?

「彗」の字は「ほうき」という意味があります。「彗星(すいせい)」のことを「ほうきぼし」と言ったりしますよね!

 

「雪」は、ほうきで掃くことのできる雨。

という意味が有力なんですが、

「雪」は、ほうきのように色々なものを掃き清めるという意味もあります。

そのくらい昔の人にとっては、神聖でありがたいものだったんですね!

 

雪の季節が楽しみになってきませんか?

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。