イモリとヤモリとトカゲの違い、あなたは説明できますか?

動物の雑学

スポンサーリンク

どれも似たような形の「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」。

小さい頃にはよく捕まえたものです。

今では見る機会も全然なくなってしまいました。

 

このよく似た3種類の生き物たち。

あなたはその違いをどれだけ説明できますか?

 

関連記事

トカゲ類や魚類・両生類には3つめの目を持つものがいる

 

イモリとヤモリとトカゲの違い、あなたは説明できますか?

イモリってどんな生物?

イモリは主に水中や水辺に生息する「両生類」です。

カエルなどが「両生類」の生物では有名ですね!

 

漢字では「井守」と書き、文字通り「井戸」や「田んぼ」を守るとされています。

その語源は、井戸や田んぼに生息する害虫をイモリが食べてくれるからなんです!

 

イモリのお腹は真っ赤!

日本にはアカハライモリ・イボイモリ・シリケンイモリの3種類のみが生息しています。

しかし、日本に生息するイモリのほとんどが「アカハライモリ」なんです!

なのでアカハライモリは「ニホンイモリ」とも呼ばれることがあります。

 

このアカハライモリ、名は体を表すと言われる通り、お腹が真っ赤なんです。

なので日本でイモリといったら「お腹が赤い」と覚えるのもアリですね!

 

アカハライモリには毒がある!

両生類の多くの種は、皮膚に微弱な毒を持っているものが多いです。

そしてアカハライモリにも毒があります。

フグと同じテトロドトキシンという強い毒を皮膚から分泌しています!

お腹が赤いのは外敵への警戒色となっているからなんです。

 

アカハライモリは外敵からの刺激を受けると、くるんと体を返し、お腹を相手に見せる習性があります。

「毒があるぞ!食べられるもんなら食べてみろ!」的な感じですかね!

 

かわいいですが、イモリを触った手で目を擦ったりすると、痛みや炎症が起こる可能性がありますので注意してください!

 

イモリの目について

イモリの目には人間と同じように「まぶた」があります。

つまり、イモリもまばたきをするんです!

これもまたかわいいですね〜!

 

イモリの前肢(まえあし)について

イモリの前肢の指は4本あります。

あの有名なネズミのキャラクターと同じなんです!笑

 

イモリの足の裏には小さい吸盤のようなものがついていて、それにより壁などを登ることができます!

 

イモリのしっぽについて

トカゲは自分で尻尾を切る(自切できる)ことは有名ですが、

イモリは自切できません。

 

しかし、トカゲと同じように再生することはできます!

 

イモリを英語で言うと?

イモリは英語で「newt」(ニュート)といいます。

 

 

ヤモリってどんな生物?

スポンサーリンク

ヤモリは主に陸上に生息する「爬虫類」です。爬虫類の仲間には「ヘビ」「ワニ」「カメ」などがいますね。

 

漢字では「家守」または「守宮」と書き、その通り「家を守る」生物とされてきました。

私達が住む家の周りの害虫を食べてくれるから、そう名づけられたんですね!

 

ヤモリの皮膚について

イモリとは違い、ヤモリの全身は「うろこ」で覆われています。

 

イモリが「ヌルヌル」しているのに対し、ヤモリはうろこがあるので「ゴツゴツ」したさわり心地なんです!

 

ヤモリの目について

ヤモリの目には「まぶた」がありません。

その代わりに、まぶたが変化した「うろこ」で目が覆われているんです!

まぶたがないので「まばたき」はできないです。

なので、この目の表面のうろこを舐め、目を清潔に保っています。

 

ヤモリの前肢(まえあし)について

イモリとは違い、ヤモリの前肢の指は5本あります。

私たち人間と同じだと思うと、少し親近感が湧いてきますね!

 

ヤモリの足の裏には、イモリのような吸盤がないんです。

しかしヤモリも壁を登ったり、天井にへばりつくことができます。

それは、ヤモリの足の裏にはたくさんの細かい毛が生えていて、その毛が作用して色々なところに張り付くことができているんです!

 

この毛、顕微鏡でしか見ることができないくらい細かいんだとか。

 

しかもこの毛が発見されたのが2000年台、つまり、つい最近のことなんです。

現代ではこの毛を応用した、「ヤモリテープ」という接着剤の開発が進められているようです!

 

ヤモリのしっぽについて

ヤモリはトカゲと同じように自切できます。そして再生もできるんです!

 

ヤモリを英語で言うと?

ヤモリは英語で「gecko」(ゲッコー)といいます。

 

 

 トカゲってどんな生物?

スポンサーリンク

トカゲもヤモリと同じく主に陸上に生息する「爬虫類」です。

 

漢字では「石竜子」または「蜥蜴」と書きます。

石場に住む竜の子どもということでしょうか。

なんだかかっこいいです・・・!

 

トカゲの皮膚について

ヤモリと同じく、トカゲの全身は「うろこ」で覆われています。

トカゲの最大種であるコモドオオトカゲはコモドドラゴンとも呼ばれ、その見た目はドラゴンのイメージを彷彿させます!

 

トカゲの目について

ヤモリとは違い、イモリと同じでトカゲの目にも「まぶた」があります。

 

なので瞬きをします!

 

また目が3つあるような種もいます。

ムカシトカゲと呼ばれる種で、額に頭頂眼と呼ばれる3つめの目があります!

 

関連記事

トカゲ類や魚類・両生類には3つめの目を持つものがいる

 

トカゲの前肢(まえあし)について

トカゲはヤモリと同じく5本の指があります。

 

トカゲのしっぽについて

みなさんもうご存知だと思いますが、トカゲは自らの尻尾を自分で切断することができます。

主に外敵から身を守るためだとされています。

 

切断された尻尾はしばらくの間動き回り、外敵の気を引くことができます!

(少し気持ち悪いですね…)

その隙に逃げるんですね。

 

また切断された面は筋肉が収縮するので、出血を抑えることができるんです!

でも痛くないんですかね…?

 

そして、その尻尾はまた再生、つまり生えてきます!

しかしすべての種が再生するわけではないそうです。

 

トカゲを英語で言うと?

トカゲは英語で「lizard」(リザード)といいます。

 

 

 まとめ

  • イモリ…両生類で、皮膚はヌルヌル、前肢の指は4本で、目にはまぶたがあり、しっぽは自切しない。
  • ヤモリ…爬虫類で、皮膚には鱗があり、前肢の指は5本で、目にはまぶたがなく、しっぽは自切できる。
  • トカゲ…爬虫類で、皮膚には鱗があり、前肢の指は5本で、目にはまぶたがあり、しっぽは自切できる。

 

こうみると、ヤモリとイモリは違いが多くありますが、ヤモリとトカゲは似ていますね!

まぶたがあるかないかの違いだけです!

見た目の違いは、ヤモリのが少し手足や尻尾、胴体が太いんです。

 

トカゲはスレンダーなんですね!

 

 

さいごに

とても良く似ている「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」ですが、このように面白い違いがあるんです。

この記事を読んだあなたなら、一瞬でこの三種類を見分けられるはず!?

 

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。