みんな大好き「ドラえもん」の意外な職業名とは?ただの子守役ではなかった!?

アニメ・ゲームの雑学

スポンサーリンク

「ぼく、ドラえも〜ん!」

あのかわいらしい見た目と、ポケットから出てくる未来の便利道具のユーモアさから、昔から子供に大人気の「ドラえもん」。

 

夢を壊してしまうかもしれませんが、ドラえもんは一応使命があってのび太のもとで居候(いそうろう)しています。

そんなドラえもんの仕事(?)には実は「職業名」があります。

そんな国民的アニメのドラえもんの職業名についてご紹介します!

 

主人公の「のび太」の孫の孫である「セワシくん」が、150年後の未来からのび太の元に猫型ロボットである「ドラえもん」を送るのが全ての始まりです!

 

関連記事

ドラえもんの雑学集!「129.3」の秘密やのび太たちの住所まで…!

 

みんな大好き「ドラえもん」の意外な職業名とは?ただの子守役ではなかった!?

そもそもなんでドラえもんを送ったの?

セワシくんがのび太のもとにドラえもんを送ったことを知っている方は多いかもしれませんが、何で送ったのかまでわかっている方は少ないのではないでしょうか?

 

実は大人になったのび太、就職ができません…。

どこの会社にも落ちまくり。

そんなのび太は、自分で起業する道を選ぶんです!

 

…が、なんとその会社は火事で倒産…。

残ったのは多額の借金。

 

その借金が、ドラえもんの始まり。

なんと、150年経ったセワシくんの代まで借金が残ってしまったんです!

 

そんな運命を変えるためには、その原因であるのび太を変えなければいけません。

なので「ドラえもん」を送ることにしたんです!

 

さて本題!ドラえもんの職業名とは?

スポンサーリンク

そんなドラえもんですが、のび太を子守するだけの単なる猫型ロボットではなく、とてもしっかりした職業名があります。

それは「特定意志薄弱児童監視指導員(とくていいしはくじゃくじどうかんししどういん)」!

 

つまりのび太は「特定意志薄弱児童」ということですね…

のび太のような意志が弱くてダメダメな子供を、立派に育てる助けをするお仕事なんですね〜。

 

 

ドラえもんに隠された数字「129.3」の秘密

ドラえもんの身長・体重・ウエスト等に129.3という数字が度々使われています。

129.3cmや129.3kg…この「129.3」に隠された感動のエピソードはこちらの記事でご紹介しています!

 

ドラえもんの雑学集!「129.3」の秘密やのび太たちの住所まで…!

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

のび太を助けるために毎回色々な便利道具で頑張ってくれているドラえもん。

そんな彼は、150年先の未来の野比家のために使命をもってお仕事をしていたんですね。

やっぱりすごい!ドラえもん!

 

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。