「炭焼きレストランさわやか」はなぜ静岡限定?絶品ハンバーグの雑学

生活の雑学

スポンサーリンク

知る人ぞ知る静岡グルメの1つ、「炭焼きレストランさわやか」のハンバーグ。

 

週末だと2時間以上待つこともあり、中には3時間待ったという方も。

「ディズニーのアトラクションより並ぶレストラン」としても有名です。

 

しかし、その美味しさが口コミとなり、県外からも「さわやか」のために足を運ぶ方も多いです。

 

そんな大人気の「さわやか」ですが、全国展開はせずに静岡県限定での展開をしています。

一体なぜなのでしょうか?

 

「さわやか」はなぜ全国展開しないのか?

 

「さわやか」って?

 

本部を静岡県浜松市に置く、「炭焼きレストランさわやか」は、静岡県のみに31店舗を展開するハンバーグレストランチェーンです。

 

1977年、今の「袋井本店」は、「コーヒーショップさわやか」として創業しました。

そして、1989年に店名を今の「炭焼きレストランさわやか」へ変更。

 

代表メニューは「げんこつハンバーグ」。

その名のとおり「げんこつ」のように丸いハンバーグです。

250gのハンバーグを、テーブルで店員さんがカットしてくれます!

 

年間の来客数は約600万人にも及ぶそうです。(2017年実績)

静岡県の人口が約370万人ですから、その多さはすごいです!

 

なぜ静岡県限定?

 

さて、そんな大人気の「さわやか」ですが、なぜ全国へ展開しないんでしょうか?

県外からも足を運ぶ方が多いくらいですから、いっそのこと県外にもさわやかを作って、もっといろんな方に虜になってもらえばいいのに…と思いますが、実は県外に展開しない理由がちゃんとありました。

 

さわやかのハンバーグは、中身が赤い程度の焼き加減が1番美味しく、お店もそれを推しています。

ミディアムレアの状態で美味しく食べるためには、お肉の品質がとても大事。

 

そのため、工場で加工されたお肉は、その日のうちに各店舗へ配送され、その日のうちに全てを使い切るんです。

 

もし、全国展開をしてしまうと、工場からの距離が遠くなり、その品質を維持することが難しくなってしまいます。

 

なのでさわやかは、あえて全国展開せず、高品質で安全な美味しいハンバーグを提供できるようにしているんです!

 

また、地域密着店舗であるさわやかは、この人気も、「人気先行で、実態が伴っていない。県外のお客様の異常な来客数により、地元の方にご迷惑をおかけしている。」と謙虚な姿勢。

地元から離れず、地元の方を大事にしているからこそ、この人気があるのかもしれませんね!

 

さわやかの豆知識

スポンサーリンク

  • さわやか磐田本店には「長澤まさみ」、ももクロの「百田夏菜子」、「玉井詩織」、「ONE OK ROCK」のサインが飾ってある。
  • ソースを選ぶ時に「ミックス」と言うと、「オニオンソース」と「デミグラスソース」を混ぜた、第三のソースが出てくる。
  • 半分に切られたハンバーグの片方に「オニオンソース」、片方に「デミグラスソース」をかけてもらうこともできる。
  • 「げんこつハンバーグ」と「おにぎりハンバーグ」の違いは、サイズが「250g」か「200g」かの違いだけ。
  • 「ソースをおかけしますか?」と店員さんに聞かれたとき、「自分でかけます!」と言って、テーブルに備え付けの「塩コショウ」をかけて食べるのが通の食べ方とされている。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

静岡のソウルフード、「さわやか」が全国展開されない理由は、私たちお客さんの安全や、ハンバーグの高品質を維持するためでした。

まだ足を運ばれてたことがない方は、遠くても是非行ってみてください!””うまいですよ!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。