蚊に刺されると痒くなるのはなぜ?蚊の雑学まとめ!

虫の雑学

スポンサーリンク

寝ているときに耳元で「ぶ〜ん。」と羽音がして、朝起きたら身体中蚊にさされてた!

なんて経験ありませんか?

 

夏の風物詩でもある蚊。

家の中に出現する蚊は、茶色っぽい見た目の「アカイエカ」や、黒に白のシマが入っている「ヒトスジシマカ」がほとんどです。

 

蚊は私たちの1番身近にいる虫ではないでしょうか?

そんな蚊のこと、あなたはどれだけ知っていますか?

 

関連記事

虫の漢字51選!「蟷螂」「飛蝗」「螽斯」なんて読むの?

 

夏の大敵!蚊にまつわる雑学集

 

血を吸うのはメスだけ!?

 

蚊といえば「血を吸う」というイメージですよね。

 

しかし、全部の蚊が必ず血を吸うわけではないんです!

 

 

産卵期のメスは、卵を生むために多くのエネルギーが必要になります。

そのため高エネルギーな人の血を吸い、産卵に向け蓄えているんです!

 

ちなみにメスの蚊は、「血を蓄える専用の2つ目の胃袋」を持っているんです!

 

 

蚊の普段の食事

 

人の血を吸うのは「産卵期のメス」だけ。

では、オスやその他の時期の蚊は何を食べてるんでしょうか?

 

 

実は、植物の蜜や、樹液を食べています。

なんというか、普通ですね。

 

 

痒くなるのは蚊の唾液のせい?

スポンサーリンク

 

なんで血を吸うだけなのに痒くなるんでしょうか?

 

それは、蚊の唾液に原因があります。

 

蚊は、血を吸う前に、唾液を注入します。

その唾液には「アレルギーを引き起こす物質」が含まれているために痒くなるんです!

 

わざわざそんな唾液を入れなければ、いくらでも吸わせてあげるのに!

と思いますが、この唾液は蚊にとって必要不可欠。

 

 

アレルギーを引き起こす物質」とは「抗凝血作用物質」のこと。

つまり、血を固まらせないようにする物質です。

 

これを先に注入することによって、蚊は血を吸えているんです!

 

 

気づかないのはしょうがない!

 

いつの間にか蚊に刺されてた…という経験ありますよね。

 

蚊に刺されているときの感覚は殆どありません!

 

それは、蚊が唾液と同時に「麻酔」のような物質を注入しているからなんです。

それによって、皮膚の感覚がマヒしていて、刺されても気づかないんです!

 

 

完全に吸われれば痒くない!

 

蚊が血を吸う工程は以下のようになっています!

 

  1. 刺す
  2. 唾液を注入
  3. 血を吸う
  4. 唾液も吸う
  5. 逃げる

 

そうなんです。

黙って最後まで吸わせてあげれば、痒みの元となっている唾液も吸ってくれるんです!

 

 

私達は、蚊が腕や足に止まっているのを見ると、叩いたり払ったりして阻止しようとしますよね。

中途半端に吸わせてしまうから、唾液が皮膚の中に残り痒くなってしまうんです!

 

吸っているのを見かけたら、そっとしておいてあげましょう…

さされやすいのはO型?

スポンサーリンク

 

蚊にさされやすい血液型は「O型」!

という噂を聞いたことがありませんか?

 

 

イギリスの研究者が、蚊の体内の血液を調べると

O型、B型、AB型、A型の順に多かったそうです。

 

それを受け日本でも同じような研究をしたところ

同じような結果がでました!

 

 

原因は不明ですが、O型の方は気の毒ですね…!

 

 

さされやすいのは黒い服装?

 

蚊だけではなく、様々な生物が独自の「視覚」を持っています。

 

その中で蚊は、黒色が最も視認しやすいと言われています。

黒、青、赤、緑、黄、白の順に見えやすいそうです!

 

 

蚊は冒険しない

 

蚊の行動範囲は、自分が生まれたところから半径15mまでなんです!

 

 

つまり、蚊を見つけたらその近くに蚊の産卵スポットがあるはず。

蚊が卵を生むのは「水辺」です。

 

家でよく蚊が発生する方は、近くに水が溜まりやすい場所はありませんか…?

 

 

蚊は「殺人鬼」なんです!

 

「蚊」は、一年間で最も人間を殺した生き物として王座に君臨しています。

 

その小さい体からは想像のできない殺傷能力があります。

 

 

その秘密は、「ウイルスの媒介」によるものなんです。

人から人へ病原菌を移してしまうんです。

 

日本ではほぼ問題がないので安心してください!

 

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

検索生き物一年間で人間を一番殺した生き物ランキング!驚くべきその動物たち!

 

 

蚊の寿命

スポンサーリンク

 

メスは42〜56日ほど、オスは10日ほどしか生きれないと言われています。

 

 

「蚊」という漢字の由来

 

」へんに「」で、蚊になります。

 

なぜ、「文」なのでしょうか?

 

 

文…ぶん…ぶーん…ぶ〜ん

…そうなんです!

飛んでいるときの「ぶ〜ん」という羽音から、「文」という字が使われることになりました!

 

 

刺されたときの対処法

 

蚊の唾液は酸性です。

なので患部を石鹸で洗うことによって中和でき、毒性が少なくなります。

 

 

また、痒みを感じるのは患部が空気に触れて刺激されることが、大きな原因です!

なので患部をテープやマニキュアなどで塞いでしまうのも、有効なようです!

 

 

一番なのは、専用の薬を塗ることですので、よく刺される方は薬を常備しておきましょう。

 

 

さいごに

スポンサーリンク

 

いかがでしたでしょうか?

私達の一番身近にいる虫、「蚊」にまつわる雑学でした。

嫌いな方が多いと思いますが、切っても切り離せない存在ですので、上手に付き合っていけたらいいですね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。