南極と北極の色んな違い!南と北はどっちが寒い!?

動物の雑学

スポンサーリンク

ペンギンやシロクマが生息している一面氷の大地!

南極と北極といえばそういうイメージではないでしょうか?

ですが、南極と北極には意外な違いが、いくつもあったのです!

それらをご紹介したいと思います!

 

どうぞ。

南極と北極の色んな違い!南と北はどっちが寒い!?

気温の違い

南極と北極、どちらもとっても寒いイメージですよね?

もちろんどちらも寒いことには間違いないのですが、その気温は大きく違うんです!

 

北極の冬の平均気温がマイナス25度前後に対し、南極の冬の平均気温はマイナス50〜60度なんです!

30度も違うんですね。

 

これは東京都の一年間の最低気温と最高気温ぐらいの差があります!

 

その理由は主に3つあります。

  1. 南極と北極では高さが違うため
  2. 南極が大陸であるため
  3. 海流の問題

 

これらの違いを詳しく説明します。

 

高さの違い

まず1の「南極と北極では高さが違うため」ですが、

北極の氷は最大でも10mの厚さなのに対して、南極は平均で2500mの厚さがあります。

 

10mの高さと2500mの高さ…どちらが寒いかは歴然ですね!

 

2500mというともうそれは「山」のようなものです!

平地と山では、山のほうが寒いですね・・・

 

 

大陸の違い

続いて2の「南極が大陸であるため」ですが、

北極には海の上に大きな流氷があるのに対して、南極は広大な陸地が広がっている大陸なのです。

 

海より陸の方が寒くなりやすいので、南極の方が寒いんです!

なので、南極でも海側より内陸側の方が気温が低いのです。

 

 

海流の違い

続いて3の「海流の問題」ですが、

北極は赤道からの海流が流れ込み、水温が温かいのに対して、南極は「南極環海流」と呼ばれる海流が南極の周りを流れていて、赤道からの海流を止めているんです!

 

まとめると・・・

以上の3点から、南極の方が北極よりも寒くなっています!

 

また、南極には世界の90%もの氷があり、マイナス89.2度を記録したこともあるそうです。

もう想像ができないですね・・・

 

陸地の違い

スポンサーリンク

前述したように「南極大陸」という言葉がある通り、南極は広大な大陸なんです。

その大陸の上に氷の大地があります!

 

しかし北極は海の上に流氷が浮かんでいるだけの状態。

 

このような違いがあります。

 

なので南極には各国の基地が設立されているのに対して、北極は氷が浮かんでいる状態なわけですから、建てるのが難しいという理由などからわずかな基地しかありません。

 

また、世界地図を見てみると、北極は描かれていません。

地図は陸地が描かれているものですから、流氷からなっている北極は描かれないんです!

 

 

 

動物の違い

スポンサーリンク

南極の生物

南極には

「キングペンギン」「皇帝ペンギン」「アデリーペンギン」「マカロニペンギン」「イワトビペンギン」などのペンギン達や

「ナンキョクオットセイ」「シャチ」「ヒョウアザラシ」「ザトウクジラ」など様々な動物たちが生態系を築いています。

 

北極の生物

北極には

「ホッキョクグマ」「セイウチ」「ジャコウウシ」「イッカク」等の動物たちが住んでいます。

 

ペンギン・シロクマがいない!?

南極にはペンギンがいるのに、北極にはいない・・・

北極にはホッキョクグマがいるのに、南極にはいない・・・

 

この理由は、

ペンギンの天敵はホッキョクグマのような大型の肉食動物です。

しかしホッキョクグマは南極のような極寒の地では生きていけないんです!

 

先程も述べた通り、南極は北極よりも30度近く寒いわけですから・・・

 

また、昔は北極にもペンギンがいたとされています。

しかし人間が狩ってしまったり、大型の肉食生物により、絶滅してしまったともいわれています。

 

 

さいごに

氷に覆われた神秘的な世界の南極と北極。

 

南極には1820年に初めて人類が踏み入ったとされています。

現代では、南極のツアーや北極のツアーなどもあるそうですよ!

 

あなたも南極と北極の違いをその肌で感じてみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。