カニの甲羅についている黒いぶつぶつの正体って何!?

動物の雑学

スポンサーリンク

カニの甲羅にたまに付いているぶつぶつ。

特に集合体恐怖症の人だったりすると見るだけで鳥肌ものではないでしょうか?

 

まれなことですが、ぶつぶつに紛れて何か、うにょうにょしたミミズのようなものがついている場合もあります。

これらの正体は一体何なんでしょうか?

ちょっと肌がぞわぞわしますが正体を見ていきましょう。

 

カニの甲羅の黒いぶつぶつって何なの!?

ぶつぶつの正体

ぶつぶつの正体はカニビルといいます。

正しくはカニビルの卵で、ミミズのようなものはカニビルが孵化したものです。

 

寄生虫であり、ヒルの仲間で、日本海に多く生息しているといわれています。

他にも生息域があるらしいですが、あまり詳しい生態の研究は進んでいません。

たまに「カニビルが付いていると日本海産だ。」と言う人もいますが、研究が進んでいない故に残念ながら真偽は明らかではありません…。

 

ではなぜカニに卵を産み付けるのか。

 

それはカニビルが生息する場所は砂場で、カニの甲羅の他にがっちりと卵を固定できそうな岩などが少ないからです。

仕方なしにカニの甲羅を産卵場所に利用しているだけで、岩が多いところに生息するカニビルはちゃんと岩場に卵を産み付けます。

よって、岩場から取れるカニは、砂場から取れるカニに比べてカニビルが付いている確率が低いという特徴があります。

 

また、カニに生み付けるメリットがもう1つあります。

それはカニが動いてくれるので種が広がりやすいのです。

 

いずれにせよ研究が進んでいないので確証が無いのが痛いところです。

ちなみに、同じような理由でカニと同じく堅い殻を持つ「貝」に産卵する例もあります。

 

また、寄生虫とはいいますが、上記のようにカニは岩の代わりにされているだけであって、カニに寄生しているわけではありません。

しつこいようですが、カニは産卵場所にされているだけです。

 

カニビルは普段、砂場にいるカレイなどの魚の体液などを吸って生活しています。

カニのような堅い甲羅におおわれた生き物に寄生できる生き物ではないのです。

 

カニビル付きのカニを食べても大丈夫?

スポンサーリンク

結論としては、大丈夫です。

 

いっそカニ鍋にそのまま入れてしまっても問題ないです。

気持ち悪い場合は、たわしやブラシなどで、力ずくでこすって取ってしまいましょう。

 

カニは流通過程でボイルされていたり冷凍されている場合がほとんどなので、こすっている時に生まれてくるなんていうホラー展開も無いので大丈夫ですよ!

 

また、カニビルそのものも加熱してしまえば食べてしまっても人体に影響はありません。

死んでいるのですから、人体に寄生するなどもありません。

 

カニビルがついているとおいしいの?

カニビルが付いているとおいしい、そんな話があります。

ただ、これは根拠がない俗説のようです。

 

カニは脱皮直後は身が痩せてしまっていておいしくないとされています。

ならば、脱皮してから時間経過していればおいしいのではないか。

いつ脱皮したのかはわからないので、カニビルの卵が付いていればそれだけ長い間同じ甲羅でいただろう。

 

そういう推測がそのまま噂話になっただけのようです。

 

そもそも、カニビルは幼虫から成虫になるまでのサイクルが短く、すぐに卵を産み付けては孵化してしまいます。

脱皮直後のカニに生み付けられている場合もあるということです。

残念なことに、卵を産み付けられたカニはおいしいという根拠にはならないんです!

 

一部では、カニビルが付いた見た目の良くないカニを売るために業者が謳い文句を付けただけだという話もありますが、これもやはり根拠の無い噂の域を出ません。

 

いごに

いかがでしたでしょうか?

黒いぶつぶつに対する恐怖心が薄れていただけたら幸いです。

ちょっと噂や仮定の話が多くて申し訳ないですが、少しはカニビルについておわかりいただけたのではないでしょうか?

確かに見た目は気持ち悪いですが、そこまで気にする必要もないんですね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。