なんでオスの三毛猫は珍しいの?驚きの値段やその雑学!

動物の雑学

スポンサーリンク

猫ブームによって猫を飼っている人が増えている昨今、「三毛猫(みけねこ)」を目にする機会も増えているんじゃないでしょうか。

三毛猫が縁側でくつろいでいる様子なんかはかなり画になりますよね。

和の雰囲気がたまりません。

でもそんな三毛猫のほとんどがメスだとご存じでしたか?

何故メスばかりなのか、値段も含めて見ていきましょう。

 

なんでオスの三毛猫は珍しいの?驚きの値段やその雑学!

三毛猫の値段・相場とは?

海外では血統書付きの三毛猫が2000万円で売られたという噂があります。

驚愕の値段です!

家が建ちます

 

他にも100万円でペットショップに買い取られただとか、500万円で購入した等の噂はつきません。

 

これだけ聞くとびっくりですが、残念ながら日本猫は血統書付登録が無いので価格は0円です。

そもそも市場が無いのです。

当然オスの野良猫を見つけたからといってもそうそう買い取っては貰えないでしょう。

現実は厳しい。

 

飼うための入手方法

ではどうすれば入手できるのか。

それは里親募集や各ペットショップにかたっぱしから相談することです。

 

里親募集の掲示板をまめにチェックしていれば出会えるかもしれません。

ペットショップもひょっとすると野良猫の持ち込みがあるかもしれないので聞いてみると良いでしょう。

 

 

染色体とオスの三毛猫

スポンサーリンク

猫の性別は人間と同じで、父と母から染色体と呼ばれる遺伝子を1つずつ貰い、その組み合わせによって決まります。

この染色体は「X」「Y」と呼ばれる型があります。

 

「XX」の組み合わせでメス、「XY」の組み合わせでオスが生まれます。

 

 

このXとYの染色体の中に、更に「猫の毛色を決める遺伝子(染色体)」が入っているんです。

その中でも重要なのがこちらの遺伝子。

  • O遺伝子(大文字)茶色の毛色になる
  • o遺伝子(小文字)黒色の毛色になる

 

 

 

ややこしくなってしまったと思うので、少し例を挙げると

 

  1. 「XX」という染色体の組み合わせの子猫が生まれました。
  2. 1つ目の「X」には「O遺伝子(茶色)」、2つ目の「X」には「o遺伝子(黒色)」の染色体が入っています。

つまり「XX」で「Oo」の組み合わせです。

 

この場合は、1.でメスだということがわかります。

そして、2.で「茶色」と「黒色」のみの毛色か、「茶色」と「黒色」そして「白色」の三色の毛色だということがわかります。

※「白色」は常染色体と言う遺伝子で、毛色に現れる場合と現れない場合があると思って下さい。

 

そう、この三色の毛色を持つ猫こそが三毛猫なんです!

 

 

ここでポイント。

実はO遺伝子はXにしか含まれないんです。

 

そうするとメスの場合はXXなので先程の例のように「Oo」の組み合わせを作ることが出来ますが、オスの場合はXYなので、どうしてもO(茶色)、もしくはo(黒)の片方しか持つことができません!

 

つまりオスの三毛猫は通常どうあっても誕生しないのです。

 

 

クラインフェルター症候群と乗り換え

そんな通常では誕生しないオスの三毛猫ですが、2パターンの可能性があります。

 

「XXY」という組み合わせ

オスの場合はXY染色体で、O遺伝子が1つ足りないという話をしましたが、Xをもう1つ増やしてXXYにしてしまえばいいのです。

そうすればO遺伝子を2つOoと組み合わせることが出来ますね。

この遺伝子ならオスでも三毛猫になります。

 

そして、実際に遺伝子の変異でXXYの染色体を持ち、Ooのパターンで誕生するオスの三毛猫がいます。

 

確率は約1/30000です。

これは当然染色体異常であり、「クラインフェルター症候群」という名前がついています。

この症候群は病気がちで短命であり、生殖機能を持ちません。

 

遺伝子の乗り換え

もう1つ、Xの中にあったO遺伝子がたまたまYに乗り変わるパターンです。

YでありながらOを持つのでOoの組み合わせを作ることが出来ます。

このパターンだと生殖機能を持っている場合があります。

 

 

ちなみに、たいがいのオスの三毛猫はクラインフェルター症候群によって誕生した猫です。

 

さいごに

少し難しかったかもしれませんが、どうでしょうか。

もしオスの三毛猫を飼育する機会があったら、大切にしてあげてください。

ただでさえ人間よりも寿命が短い猫です。

クラインフェルター症候群ならおそらく一般的な猫よりさらに短命になるでしょうから精一杯愛情を注いであげてください。

幸せなペットとの暮らしになることを祈っています。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。