ピザとピッツァは別のもの。3つの違いで見分けられる!

国の雑学

スポンサーリンク

「ピザ」と「ピッツァ」。

この2つにどんな違いがあると思いますか?

 

「和製英語と本場の英語の違いなんじゃないの?」

と思われる方も多いと思います!

 

しかし「ピザ」と「ピッツァ」には明確な違いがあります。

  • 生まれた国
  • 食べ方
  • 作られ方

この3つの違いに分けてご紹介いたします!

どうぞ!

ピザとピッツァは別のもの。3つの違いで見分けられる!

生まれた国が違う

 

 

「ピッツァ」の場合

 

 

ピッツァの起源はとても古く、古代ローマで生まれた食べ物だと言われています。

古代ローマ人は、パンを食器のように使っていました。

パンの上に食材を乗せ食べていたんです。

 

16世紀には、スペイン人がインカ(現在のペルー辺りにあった古代帝国)からトマトを持ち帰りました。

18世紀頃のナポリはスペインの領地だったので、ナポリの貧困層の方たちはパンの上にチーズやトマトを乗せて食べていました。

私達が知っているピッツァの形に近づいていますよね!

 

19世紀後半には、イタリアの王妃であった「マルゲリータ」さんがこの食べ方をとても気に入りました。

それもあり、ピッツァは一気に国中に広まったそうです。

 

みなさんはもうお気づきかもしれませんが、有名なピッツァの種類に「マルゲリータ」というものがありますが、この「マルゲリータ王妃」が由来だと言われています。

 

このようにイタリアのナポリで生まれ長い時を経て広がった食べ物こそ「ピッツァ」なんです!

 

「ピザ」の場合

 

ピッツァの起源はおわかりいただけましたか?

では、「ピザ」はどうなんでしょうか?

 

ピッツァがナポリで広まった19世紀後半、イタリアからの移民がアメリカでこの「ピッツァ」を広めました。

特にイタリア移民が多かったと言われている「シカゴ」「サンフランシスコ」「フィラデルフィア」「ニューヨーク」で、話題の食べ物となりました。

 

最初こそイタリア移民向けの食べ物でした。

しかしその美味しさから、アメリカ国民にも愛され国民食となっていきました。

 

もちろん、本場ナポリのピッツァからアメリカ人が好きな大きさ・味等にアレンジされていったそうです。

 

このアメリカ人向けにアレンジされたピッツァが、日本へ伝わったときに「ピザ」と言われるようになりました。

 

生まれたの国の違いで言うと、「イタリア」で生まれたものがピッツァで、「アメリカ」でアレンジされたものがピザということになります。

 

食べ方が違う

スポンサーリンク

「ピッツァ」の場合

イタリアで誕生した「ピッツァ」は、まるい状態で提供され、主に一人一枚食べるんです。

切りやすいようについている切れ目などは無く、まるでステーキのようにナイフとフォークを使って食べやすい大きさに切って食べます。

 

中には立ち食いのピッツァ店もあるようで、その場合はナイフとフォークは使用せず、クレープのように折りたたんで食べることもあるようです。

 

「ピザ」の場合

アメリカ版ピッツァである「ピザ」は、前述したようにアメリカ人向けにアレンジされました。

 

その一つが「大きさ」

一枚を、家族や友人とシェアして食べる前提で作られているので、とてもビッグサイズです。

私達が日頃目にする「宅配ピザ」のように切れ目が入っているか、ピザカッターを使用して切り分けます。

 

切り分けられたピザを手で掴んで食べます!

私達が普段食べることが多いのは、このアメリカンなピザではないでしょうか?

 

ちなみにアメリカでは、すでにカットされて一人分に分けられたピザを販売しているお店もあるようです。

 

 

作られ方が違う

スポンサーリンク

「ピッツァ」の場合

ナポリとローマ、シチリア、フィレンツェ等イタリア内でも、もちもちな生地なのか、カリカリのクリスピータイプの生地なのか等違いがあるようですが、アメリカの「ピッツァ」との決定的な違いがあります。

 

その違いとは、ピッツァは「窯」で焼くんです。

 

石窯で焼いたもの以外はピッツァではないというのが「イタリア流」。

高温でさっと焼き上げます!

 

「ピザ」の場合

ピッツァに対して「ピザ」は、家庭でも作れるように「オーブン」で焼き上げます。

ビッグサイズなので、オーブンも大きいです!

 

オーブンでじっくり焼かれたピザは、厚くふわふわした食感です。

 

まとめると・・・

  • 「ピッツァ」はイタリア生まれ、「ピザ」はアメリカ生まれ。
  • 「ピッツァ」はナイフ&フォーク、「ピザ」は手づかみで食べる。
  • 「ピッツァ」は石窯で焼かれる、「ピザ」はオーブンで焼かれる。

 

この様に見るとしっかり違いがありますね!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

「ピザ」と「ピッツァ」にはちゃんと違いがあり、「これはピザじゃなくてピッツァです!!」というお笑い芸人のサンドウィッチマンさんのあのネタも「あー、石窯で焼いたんだな。」となってしまうかもしれませんね!笑

 

冗談はさておき、あなたは「ピザ」と「ピッツァ」はどちらがお好きですか?

また、違いを忘れてしまったら、見直しに来てくださいね!

 

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。