いちごのブツブツは種じゃない!?種は一体どこにある?

食べ物・飲み物の雑学

スポンサーリンク

いちごっておいしいですよね。

真っ赤な実がジューシーで甘酸っぱくて最高。

…そう思った方。

間違いです。

じつは赤い部分は実ではありません。

 

じゃあゴマのようなブツブツは種なんでしょ?

と思った方。

これも間違いです。

厳密には種ではありません。

 

じゃあどこが果実でどこが種なんだ?

ということで、こんがらがるので植物の分類からじっくり見ていきましょう。

 

関連記事

漢字でどう書く?「果物」編!フルーツの和名が面白い!

 

いちごのブツブツは種じゃない!?種は一体どこにある?

真果(しんか)と偽果(ぎか)

被子植物が受粉すると、めしべの根元の子房(しぼう)が肥大化して果実となります。

そして子房の中の胚珠(はいしゅ)が種子に成長します。

これを真果と呼びます。

 

ところが種によっては子房以外も大きくなり、むしろ子房よりも果肉に見えるように成長するものがあります。

これが偽果です。

大きくなる部分は花托、花軸(花をつける茎)などです。

 

真果にせよ偽果にせよ、果実で動物などを引きつけて種を食べて貰う役割は変わりません。

 

そしてイチゴは真果ではなく偽果になります。

あの赤い部分は花托という(花軸の先にある茎が太い部分でそこから花が育つ)部分が肥大化したものなのです。

 

他に偽果は、イチジクやリンゴなどが挙げられます。

 

リンゴ

イチジクとイチゴに比べると、種も中にありますしいかにも真果のようですが、れっきとした偽果です。

ではどこが本当の果実なのか。

 

リンゴを縦に割ってみると種子の周りがうっすら薄皮のようなもので囲まれていると思います。

リンゴの芯をカットするときに目印にしている人もいるんじゃないでしょうか。

その薄皮から内側、種の方が本当の果実です。

つまり芯の部分が果実になります。

外側は花托が肥大化したものなのです。

 

イチジク

イチジクは無花果と書くように花が外から見えない時点でトリッキーな果実ですが、やっぱり偽果です。

いつも果実だと思っているところは花軸や花托が肥大化したものになります。

そして種はあのブツブツだと思いがちですが、この正体こそイチゴのブツブツと同じものです。これを痩果(そうか)と呼びます。

 

次に痩果は何なのか見ていきましょう。

 

痩果(そうか)

スポンサーリンク

痩果とは、薄くて堅い皮の中に種子が入っている果実のことです。

 

イチゴとイチジクのブツブツは痩果です。

つまりこの堅い粒1つ1つが本当の果実なのです。

 

最初にイチゴのゴマのようなブツブツは種ではないと言ったのは、これそのものは果実であるからです。

これを一皮むけば種が現れます。

 

イチゴの話から始まったので果実なら実は柔らかくておいしいものだ、という先入観がありがちですが、そもそも果実は堅いものも当然あるので注意してください。

例を挙げるならばタンポポの種も痩果です。

あの綿毛の下についている粒がそうです。

 

ブツブツの役割

イチゴのブツブツの役割は種を皮で守るだけではありません。

果実の生長を促す役割があります。

種の部分は花托、偽果に繋がっています。

 

イチゴを縦半分に切ると筋が見えると思いまが、それがパイプの役割をしているのです。

その筋を伝ってブツブツから偽果に向かってある植物ホルモンが流れています。

それがオーキシンです。

 

オーキシンは植物の生長を促進させる効果があります。

ブツブツから偽果へ向けてホルモンが流れることで赤い部分が大きくなります。

何らかの影響でブツブツがとれてしまうとその部分だけ生長できず、いびつなイチゴが出来上がります。

 

また、オーキシンは果実の生長だけでなく植物全体にも効果があります。

ランナーを作り新たな株を成長させたり、濃度によって根っこや茎をそれぞれ成長させたり。

 

ちなみに、オーキシンと同じ働きをするジベレリンという植物ホルモンは、農業に利用されています。

葡萄などの栽培ではジベレリンの薬品に花を浸すことで種なしの葡萄として生長させることが出来ます。

 

さいごに

果実に見えるところが実は花托だったり、種に見えるところが果実だったり、イチゴはややこしいですね。

ちなみに、イチゴも、そして例に出したリンゴも同じバラ科です。

バラ科には偽果が多いという特徴があります。

ビワやナシ(バラ科)も偽果なんです。

偽物であれ動物を引きつけて種子を食べてもらう役割は変わりません。

おいしいですし、気にせず食べてしまいましょう。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。