ピン芸人、ピンキリ、ピンハネの「ピン」の由来!

言葉の雑学

スポンサーリンク

よくテレビで耳にする「ピン芸人」や、私達の生活でも良く使われる「ピンキリ」等、「ピン○○」という言葉が多数存在します。

これらの「ピン」はあるポルトガル語に由来しているんです。

 

ピン芸人、ピンキリ、ピンハネの「ピン」の由来!

ポルトガル語のPinta(ピンタ)が由来

「ピンキリ」、「ピン芸人」など私達が普段使ったり耳にする言葉で「ピン○○」というものがたくさんあります。

この「ピン」の語源は同じもので、ポルトガル語の「Pinta(ピンタ)」が由来なんです。

 

「Pinta」は英語で言う「Point(ポイント)」、つまり「点」を意味します。

サイコロ等の1の目が「点」であることから、「ピン」という言葉は「1」や「一番」という意味で使われるようになりました。

 

ピンがつく言葉の意味

ピンキリ

スポンサーリンク

「あれって相場は何円くらいなの?」

「う〜ん、ピンキリかな。」

というように「安いものから高いものまで」という意味で使われたり、「良いものから悪いものまで」というように使われたりする「ピンキリ」です。

 

「ピン」は「ピンタ」が由来で「一番、初め、最上」という様な意味です。

「キリ」は「キリル」というポルトガル語が由来で「最後、最低」という意味です。

 

「ピンタ」も「キリル」も、16世紀頃ポルトガルから日本に伝わった「天正(てんしょう)カルタ」が由来となっています。

天正カルタはいわばトランプのようなもので、1〜12の数字が4組あり、合計48枚で構成されています。

そのうち最初の札(1の札)を「ピンタ」、最後の札(12の札)を「キリル」と呼んでいました。

 

そこから、ピンキリという言葉が生まれたのです。

 

ピン芸人

こちらの「ピン」も同じく「ピンタ」から来ています。

 

ピン芸人とは、コンビやグループを組まずに芸人を「一人」でやっている方を指します。

「一人」芸人=「ピンタ」芸人=「ピン」芸人

なんです!

 

ピンハネ

スポンサーリンク

ピンハネとは、売上金などを次の人に渡す際に、少し奪ってしまうことを指します。

 

ピンハネのピンは「1割」奪うことからきていて、今まで同様「ピンタ」の変形です。

ハネは「撥(は)ねる」からきていて「奪う」という意味です。

 

つまりピンハネは「1割奪う」という意味なのです。

 

ピンゾロ

「チンチロリン」というサイコロ3つをお椀の中で振り、その出目によって配当が変わるという賭け事があります。

その一番大きい配当が「サイコロの1の目が3つそろう」出目なんです。

このことを「ピンゾロ」と言います。

 

ピンはピンタが語源で「1の目」を表しています。

ゾロは「ゾロ目」から来ています。

 

こういう賭け事の世界では「1」のことを「ピン」と呼ぶことが多いようです!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

身の回りによくある「ピン○○」。

「ピンタ」が語源のものもあれば、そうではないものもあります。

探してみるのも面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。