ノックの回数の意味とは?世界共通のマナーがあった!

生活の雑学

スポンサーリンク

トイレに人が入っているのか確認する時や、目上の人が使っている部屋に入るときにドアを「コンコン」と叩きますよね。

この「ノック」の回数には、2回、3回、4回とそれぞれ意味があります。

しかもそれは、全世界共通の国際的なマナーとして決められています。

そんなノックに関する雑学をご紹介します!

どうぞ。

 

ノックの回数の意味とは?世界共通のマナーがあった!

ノックの回数による意味

手のひらを握り「コンコン」とノックをしますが、あなたは回数を意識してノックしていますか?

ノックの回数による意味をご紹介します。

 

2回

「コンコン」と2回ノックするのは、トイレに人が入っているかどうかを確認する意味があります。

ノックの回数で一般的なのは2回だと思われている方が多いかもしれませんが、マナー的には面接や会議室などで2回ノックするのはNGなんです。

 

3回

「コンコンコン」と3回ノックするのは、家族や友達、恋人などの親しい相手に対するノックです。

そのような相手の部屋に入るときなどに、3回ノックするのがマナーとしては正解です。

 

4回

「コンコンコンコン」と4回ノックするのは、目上の人に対してや、重要な場面、初めての場所に対しての回数です。

「コンコンコンコン」と表記しましたが、実際には「コンコン・コンコン」と、2回ずつに分けるのが正しいようです。

面接の時にノックの回数を悩む方が多いようですが、世界共通のマナーとしては4回が正しいです。

 

1回だけのノックでは・・・?

スポンサーリンク

「コン・・・」というように、1回だけのノックをする方はなかなかいないかもしれませんが、1回だけのノックは相手に聞こえないかもしれないことから失礼だと言われています。

 

必ず状況を見ながら2回以上ノックするようにしましょう!

 

 

一方で4回ではしつこいという意見も


国際的なマナーのことを「プロトコールマナー」といいます。
プロトコールマナーには、4回が正しいと表記されていますが、「4回もノックするのはしつこい」という声もあるようです。

なので、面接などのマナー講座などでは3回ノックするべきだと言われてもいます。

状況に応じて使い分けることが大事ですね!

 

ノックの速さは1秒に2回・・・?

スポンサーリンク

ドラマなどでよく目にするのが「コンコン」と2回すばやくノックするシーン。

 

私達も普段やりがちですが、ノックのスピードが速すぎるのもビジネスシーンではふさわしくありません。

だいたい「1秒間に2回」くらいのペースが理想だとされています。

 

心の中で「いーち」と数えながらノックするのがいいかもしれませんね。

 

 

ノックをする場所

ドアをノックする時、あなたはどこを叩いていますか?

ドアの中心の方がよく響きそうだし叩きやすいし・・・という方は、マナー的にはNGかもしれません・・・!

 

実はドアノブの上あたりを叩くのが良いマナーだとされているんです。

 

部屋の中にいる方からは見えませんが、相手から見えないところでマナーを守れているのはかっこいいですよね!

 

 

さいごに

生活の場面によってノックを使いわけ、正しいマナーを身につけているとかっこいいですよね。
また、ドラマや映画などのノックのシーンを観察するのも面白いかもしれません。

何気ない作法ですが、何気ないからこそ大事なこともあります。
また、ノックの回数に悩んだら覗きにきてくださいね。
この記事を見るときはノックはいらないですよ!笑

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。