アルミ箔を噛むと「キーン」ってなる理由とその影響が恐ろしい…

美容・健康の雑学

スポンサーリンク

アルミ箔に包まれた板チョコを食べようとして、間違ってアルミ箔も噛んでしまい、「キーン」…。
また、スプーンやフォークを噛んでいたら「キーン」…。

みなさんはこのように、アルミ箔や金属製のスプーン、フォークを噛んだ時に嫌な感じの痛みを感じたことはありませんか?

あの現象は、よく起こることで名前もあるんです!

ではさっそくご紹介します。
どうぞ!

 

アルミ箔を噛むと「キーン」ってなる理由とその影響が恐ろしい…

 

キーンとなる現象

なんで起こるの?

この現象が起こる原因は「電流」によるものです。

つまりアルミ箔やスプーン等を噛んだ時に、唾液を介して電気が流れるんです!

それが、ピリッと、キーンと痛みを発しているんです。

 

起こる人と起こらない人

 

この現象は起こる人もいれば、起こらない人もいるんです。
その違いは「銀歯などの詰め物や矯正具」があるかないかです。

そもそも電流が流れるのには、「電気が流れる液体」と「異なる2つ以上の金属」が必要です。

「電気が流れる液体」というのは、もうお分かりの通り「唾液」ですね!

そして「異なる2つ以上の金属」の1つが「アルミ箔やスプーン等の噛む金属」で、もう1つが「銀歯などの詰め物や矯正具に使われる金属」なんです!

 

 

現象の名前

この現象を「ガルバニー電流」または「ガルバニック電流」といいます。

もうこの症状でお悩みの方は、歯医者さんで「ガルバニー電流」が…と相談してみてください。

「セレック治療」という金属を使っていない治療法もありますので参考になれば幸いです。

 

 

ガルバニー電流による悪影響

スポンサーリンク

ガルバニー電流はとても弱い電流ですが、電気が流れる仕組みは乾電池と同じです。

アルミ箔やスプーンを噛んだ時以外にも、例えば違う種類の金属を複数使った詰め物をしている場合などにも起こりうるんです。

この場合、常に口の中で弱い電流が発生し続けていることになります。

 

いくら弱い電流だからといっても、流れ続けていると悪影響があります。

 

1,歯がこげる

口の中で発生し続けるガルバニー電流によって、歯が黒くこげてしまうことがよくあるそうです。

 

2,銀歯が溶ける

電流が流れているということは、金属がイオン化している(溶けている)ということです。

わずかながらでも銀歯などの詰め物が溶け出していて、

 

3,金属アレルギーが発症する

ガルバニー電流によって溶け出した重金属は、知らず知らずのうちに飲み込まれ、体内に蓄積されます。

これによって金属アレルギーが発症することもあります。

 

金属アレルギーと言っても、口内炎から脱毛症、アトピー性皮膚炎など多岐にわたり様々な症状を引き起こします。

 

口の中に金属製の詰め物がある方で、「なんだか体の様子がおかしい…」と感じる方は、一度ガルバニー電流を疑ってみて、歯医者さんへ相談へ行くことも検討してみて下さい!

 

 

4,食べ物の味が変わる

ガルバニー電流によって「味覚障害」が引き起こされることもあります。

 

味覚障害が起こる原因は主に2つあります。

 

1,金属アレルギーによるもの

金属アレルギーによる反応が口の中(特に舌)に起こった場合、食べ物や飲み物の味が変わってしまうことがあるそうです。

「詰め物をしてから、食事をするたびに変な味がする…」と悩んでいる方は、金属アレルギーによる味覚障害かもしれませんので、早めに歯医者さんへの受診をおすすめします。

 

2,脳や神経系へのダメージ

ガルバニー電流が、脳や神経系へダメージを及ぼし、味覚障害が起こっているという説もあります。

しかしこれは正しいかどうか、まだ解明されていません。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

「ガルバニー電流」を体験した方が多いとおもいますが、ただ「キーン」となるだけではなく、異なった種類の金属を使った詰め物をしている方には少し怖い影響もあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

もちろん個人差がありますし、かならずしも「ガルバニー電流」によるものでは無いかもしれませんが、体の不調の原因が「歯の詰め物」の可能性があるということは覚えておいて損は無いと思います。

なによりまずは歯を大事にしていきたいですね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。