ルビーとサファイアは同じ鉱石なんです!宝石の不思議な雑学

面白い雑学

スポンサーリンク

宝石といえば「ダイヤモンド」に「ルビー」に「サファイア」に「エメラルド」…と様々ありますよね。

 

ダイアモンドは透明で、ルビーは赤くて、サファイアは青色で、エメラルドは緑色をしているそれぞれ別々の宝石だと思いがちですが、その中でも赤色と青色でなんだか対称的ですが、ルビーとサファイアはもともと同じ鉱石なんです。

 

そんな不思議なルビーとサファイア、2つの宝石にまつわる雑学です。

どうぞ!

ルビーとサファイアは同じ鉱石なんです!宝石の不思議な雑学

 

ルビーもサファイアも元は「コランダム」

皆さんは「コランダム」という鉱石をご存知ですか?

コランダムは和名で「鋼玉(こうぎょく)」と呼ばれる酸化アルミニウムの結晶から成る天然の鉱物です。

 

純粋なコランダムの色は透明ですが、不純物が入り込んでいるコランダムには色が付きます。

これがルビーやサファイアになるんです。

 

クロムが混入するとルビー(赤色)になる

コランダムにクロムという元素が1%ほど混入するとルビーになります。

 

しかしこの約1%という割合がかなり重要で、クロムが約0.1%くらいしか混入していないと「赤色」がとても薄く「ピンク色」になってしまい、ルビーではなく「ピンクサファイア」と呼ばれます。

 

逆に、5%を超えてクロムが混入してしまうと透明感がなくなり灰色の鉱石になってしまいます。

こうなると、宝石とは呼べなくなり価値はほとんどありません。

用途としては研磨用のヤスリなどに使われるようです。

 

天然のクロムに1%ほどクロムが混ざっているのは、とても珍しく、だからこそ「ルビー」には価値があるんです。

 

鉄とチタンが混入するとサファイア(青色)になる

コランダムにチタンが混入すると青色のサファイアになります。

鉄だけだったりチタンだけが混入しても青色のサファイアにはなりません。

 

サファイアと言えば「青色」のイメージが強いと思いますが、コランダムに不純物が混ざり赤色以外(黄色や透明、茶色、ピンク、紫、緑など)になったもの全てがサファイアなんです。

鉄とチタンが混入すれば青くなりますが、不純物によっては黄色の「イエローサファイア」、透明の「カラーレス・サファイア」等になるんです。

 

 

ルビーとサファイアの石言葉

スポンサーリンク

花に「花言葉」があるように、宝石には「石言葉」があります。

 

ルビーの石言葉

  • 情熱
  • 自由
  • 努力
  • 威厳
  • 勇気
  • 集中力
  • 活力
  • 純愛
  • 情熱的な愛
  • 永遠の命
  • 優雅
  • 色気

 

ルビーの赤色には炎のように燃えるような情熱、困難に打ち勝つ不滅のパワーが宿っていると言われています。

そのことから、「力」や「勝利」を意味する石言葉が多いですね。

また「愛」や「美」にまつわる言葉も含まれているのが特徴です。

 

サファイアの石言葉

  • 誠実
  • 慈愛
  • 徳望
  • 一途
  • 真実
  • 忠実
  • 真理
  • 貞操

サファイアの青色には海のような深い意志、誠実さが宿っていると言われています。

「真理」や「一途」といった言葉は、何もかもを見透かすような深いブルーに合っていますよね。

まっすぐな思いを届けるという意味を込めて、結婚指輪にサファイアを送る方も多いんです。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

有名な宝石「ルビー」と「サファイア」の以外な共通点がわかりましたね。

不純物の種類によって対称的な色合いになるのは本当に不思議で神秘的です。

現在では人工的に宝石の美しさを高めることが可能なようですが、検査をすれば人工物なのか天然なのかはすぐにわかってしまいます。

天然な宝石のほうが価値が高いのはもちろんのこと、石言葉のような思いも宿りやすいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。