毒を持つ鳥が存在する!珍しい6種類をご紹介!

動物の雑学

スポンサーリンク

毒を持つ虫は数多く存在しますが、鳥の場合は近年まで見つかっていませんでした。

ところが1990年、存在だけは知られていたピトフーイという鳥が毒をもっていることが確認されて以降、新たに数種類が毒をもっていると発見されてきたのです。

今回はその中でピトフーイ、チャイロモズツグミ、ツメバガン、ヨーロッパウズラ、ズアオチメドリと、番外編で鴆(ちん)を紹介します。

では、どうぞ!

毒を持つ鳥が存在する!珍しい6種類をご紹介!

ピトフーイ

毒鳥といえば「ピトフーイ」

今も昔も毒鳥の代名詞であり、下記の3科8種(最近コウライウグイス科に2種が追加されました。)をまとめてピトフーイと呼んでいます。

ニューギニア島固有の色鮮やかな鳥で、カラスに近い種です。

 

  • コウライウグイス科(カワリモリモズ、ズグロモリモズ、Pitohui cerviniventris、Pitohui uropygialis)
  • モズビタキ科(ムナフモリモズ(※無毒)、サビイロモリモズ、クロモリモズ)
  • カンムリモズビタキ科(カンムリモリモズ)

 

ピトフーイについての研究は発展途上であり、今なお分類について盛んに議論されています。

中でも強力な毒をもっているズグロモリモズ(英名Hooded Pitohui)が代表的です。

ピトフーイと呼べば本種の事を指す場合もあるので、今回はこれをピトフーイとして紹介します。

 

ピトフーイ(ズグロモリモズ)

ピトフーイはホモバトラコトキシンという毒をもっています。

ヤドクガエルという毒を持つカエルももっている非常に強力な神経毒です。

 

ピトフーイそのものが生まれつきもっている毒ではなく、餌の虫から摂取したもので、それが体全体に蓄積しています。

フグや牡蠣と同じ生態濃縮の一種ですね。

特に集中しているのが胸や腹側の皮膚や羽であり、内臓側をつつかれたり、食べられた場合に大量の毒が捕食者の体内に入ることになります。

 

 

チャイロモズツグミ

スポンサーリンク

ニューギニア島周辺からオーストラリア北部に生息していて、いかにも毒をもっていそうな極彩色ではなく、ごくありふれた茶色の体色です。

 

バトラコトキシンという神経毒をもっています。

ピトフーイのホモバトラコトキシンとは同族です。

同じくヤドクガエルももっている毒になります。

 

 

ツメバガン

ツバメではなくてカモの仲間です。

アフリカに生息しています。

 

もっている毒はカンタリジンで、餌のツチハンミョウという虫から取り込みます。

 

余談ですが、成虫のハンミョウを乾燥させて粉末にしたものは古来から毒薬として使用されてきました。

忍者も使っていたとか。

日本のハンミョウには無毒な種類もいるのですが、中国から日本に伝来してきたときにごちゃ混ぜになってしまい、無毒なハンミョウを毒薬だと思い込んで使ってしまうこともあったようです。

 

 

ヨーロッパウズラ

スポンサーリンク

ヨーロッパからアジアに生息しているウズラで、体長は20センチをきる程度の小型です。

 

紀元前から本種には毒があると知られていたようですが、近年毒に当たるケースはほとんど無いようです。

理由としては、ヨーロッパウズラが餌にしている一部の草にしか毒は無く、それを蓄積するので個体差があるほか、最近は養殖しているのでほとんど当たることはないということです。

 

ズアオチメドリ

「ズ(頭)アオ(青)」という名前のとおり頭が綺麗な青色をしていて、ニューギニア島固有種です。体長は15~20センチほどです。

ピトフーイと同じくバトラコトキシンを毒としてもっています。

 

 

番外編、鴆(ちん)

スポンサーリンク

古来中国では鴆と呼ばれる鳥の羽から毒酒をつくり、暗殺に用いたという文献があります。

近年に入るまで毒鳥は確認されていなかったので、鴆もただの伝説上の生物だろうとされていましたが、ピトフーイをはじめ数種類の毒鳥が見つかったので、本当に存在したのではないかという説が浮上しました。ただし、中国では現在でも毒鳥は確認されていません。

存在していたかは怪しいようです。

 

 

さいごに

毒鳥は最近になって次々と確認されてきました。

まだまだこれからも新種が発見されそうですね。

 

それにしても毒鳥は圧倒的にニューギニア生息種が多いですね。

ニューギニアは島の中央に5000m級の山、そして周りは熱帯雨林に囲まれた自然豊かな島なので貴重な生物の宝庫になるのも自然といえますが、すごいものです。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。