スイカは野菜だった!?低カロリーで美味しいスイカの雑学

食べ物・飲み物の雑学

スポンサーリンク

「スイカは果物か野菜か」と聞かれたらあなたはなんと答えますか?

食後に食べるから果物?

テレビで野菜って聞いたことがあるような・・・?

 

スイカは、スーパーマーケットでは果物のコーナーで販売されていることが多いです。

しかし八百屋さんでも購入することができます。

 

一体どっちなんでしょうか?

 

 

スイカは野菜だった!?低カロリーで美味しいスイカの雑学

スイカは野菜であり果物

結論から言ってしまうとスイカは「果実的野菜」です。

簡単に言うと「フルーツっぽい野菜」ということで、スイカを始め、メロンやイチゴ、パイナップルやバナナなどがこれにあたります。

 

「果実的野菜」ってなんだか微妙な言葉ですが、これは農林水産省が決めていることなんです。

 

 

ではその「果実的野菜」と普通の野菜の違いってなんなんでしょうか?

 

そもそも野菜の定義は?

スポンサーリンク

どこからが野菜でどこからが果物なのかの定義は、きっちり決められているわけではないそうです。

生産や流通や消費などの分野によって、野菜と果物の定義は異なっていて、曖昧になっているのが現状です。

 

つまりこれといった定義は存在しないのですが、農林水産省が「生産」の分野に着目したときに、これらの項目に当てはまっていれば野菜としているものをご紹介します。

 

  • 田畑で育てられるもの・・・(山でなる山菜も野菜として扱われることが多い)
  • 副食物になる・・・(おかずになる)
  • 加工は前提にしない・・・(例:こんにゃくは加工されているので野菜ではないが、こんにゃくイモは野菜)
  • 草本性(そうほんせい)のもの・・・(木ではなくて、草に実るもの)

 

これらの要件を満たしているものを野菜とした時に、「にんじん」や「きゅうり」等の一般的に野菜として扱われるものを始めとして、「スイカ」や「メロン」や「イチゴ」や「パイナップル」や「バナナ」等の一般的には果物として扱われるものも当てはまってしまいます。

※パイナップルやバナナは木に実るイメージかも知れませんが、実は草本性の植物から収穫されます。

 

じゃあ果実的野菜って?

しかし、分類的には野菜といえど、世間的なイメージや私達の食べ方から「果物じゃない」とは言い切れないので、これらを「果実的野菜」と呼ぶようにしたんです。

 

野菜的果実もあるんです!

逆に、木で実るから果物なんだけど扱いが野菜のため「野菜的果実」と呼ばれるものもあります。

それが「トマト」や「アボカド」、「ナス」等です。

 

 

スイカは低カロリーの王様

いくら野菜と言われたって、甘くて美味しいスイカはいくらでも食べられちゃいそうなくらい魅力的ですよね〜!

スイカに含まれる水分量、糖分、ミネラル類、振りかける塩たちの栄養素は、スポーツドリンクにも匹敵するので、夏の熱中症予防にも活躍してくれるんです。

 

ならなるべく多く食べたいところですが、気になるのはそのカロリーですよね。

甘いので糖分がたくさん入っていて太ってしまうんじゃ・・・と思いがちですが、スイカの9割は水分なので超低カロリーなんです!

100gあたり37kcal程度しかありません。

ちなみに「ごはん」は100gあたり168kcalなので、比べるといかに低カロリーかがわかっていただけるのではないでしょうか。

 

スイカの漢字

スポンサーリンク

スイカは漢字で「西瓜」と書きます。

中国であてられた漢字ですが、その由来は、中国から見て西側の「ウイグル」という国から伝わってきたため「西から来た瓜」ということで「西瓜」となったんです。

 

ちなみに「南瓜」と書いて「かぼちゃ」と読みます。

南蛮から伝わってきたため「南蛮から来た瓜」ということで「南瓜」となりました。

 

関連記事

漢字でどう書く?「果物」編!フルーツの和名が面白い!

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

スイカは「フルーツっぽい野菜」、「果実的野菜」という結論でした。

どちらかというと「野菜」と答えるのが正しそうですが、やはりその定義は曖昧で、国によっても違うそうなんです。

 

スイカもピーマンやにんじんと一緒に炒めておかずにするような料理が流行ったとしたら、れっきとした「野菜」となるのでしょうか・・・。

・・・あ、なんだか「果実的野菜」のままで良い気がしてきました・・・。笑

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。