ギザ10はなぜできる!?製造理由とその価値が意外すぎた!

歴史の雑学

スポンサーリンク

「ギザ10」…なんだか懐かしい響きですよね。

小さい頃に「なんでギザギザが付いている10円玉とツルツルの10円玉があるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

結論から言うとあのギザギザは「当時最高額の証」なんです!

どういうこと?と思った方は是非最後まで読んでみてください。

 

今回はそんなギザ10のルーツと価値についての雑学です。

どうぞ!

 

関連記事

1円玉の原価は3円かかる!?赤字で製造される一円硬貨の雑学

 

 

ギザ10はなぜできる!?製造理由とその価値が意外すぎた!

ギザ10が誕生した理由とは!

そもそもギザが生まれたルーツとは?

明治時代の初期以降の「硬貨」は、金や銀を使っていました。

金や銀は価値が高いので、硬貨のフチを削って金や銀を集める人々が続出していたんです。

 

それを防ぐために、硬貨の周りにギザギザを入れました。

そうすれば、金や銀を集めるためにフチを削るとギザが無くなりツルツルになります。

すぐにバレてしまいますね!

 

これがギザ10の「ギザ」のルーツだと言われています。

 

 

最高額の硬貨にギザが付く!?

スポンサーリンク

昭和初期に金貨や銀貨の製造が終了しました。

つまり、硬貨を削って金や銀を集めることができなくなり、同時にギザの意味がなくなってしまったということですね!

 

そのあと戦前には、金貨や銀貨以外で初めて硬貨にギザがつけられました。

それが「10銭のアルミ硬貨」で、当時は最高額の硬貨でした!

 

戦争中にはこのギザもなくなってしまいました。

しかし戦後の昭和21年に「50銭の黄銅貨」にギザがつけられました!

この50銭硬貨も当時最高額の硬貨でした。

 

2年後の昭和22年、またしても当時最高額の「1円玉硬貨」にギザがつけられました。

 

このように「最高額の硬貨」にギザをつけることが暗黙のルールになっていきました。

 

そして昭和26年に「10円玉」が誕生し、当時最高額だったのでギザが入れられ、「ギザ10」が誕生したというワケなんです!

 

 

ギザ10の価値

なんでギザ10は珍しいの?

スポンサーリンク

ギザ10を見つけるとなんだか嬉しいですよね。

四つ葉のクローバーを見つけた感覚と似ている気がします!

小学生の頃は財布の中のギザ10だけあえて使わなかったり、母親の財布を見せてもらってギザ10を探したりしました。

同じような経験をしている方がいるのではないでしょうか?笑

 

でもなんで、50円硬貨にも100円硬貨にもギザがついているのに、ギザギザがついている10円硬貨だけ珍しいのでしょうか?

 

その理由は「製造年数が短いから」なんです!

 

昭和26年に誕生したギザ10。

その後昭和30年には「50円硬貨」が誕生しました。

もちろん当時の最高額なので、ギザが入れられました。

 

さらにその2年後の昭和32年に「100円硬貨」が誕生し、同様にギザが入れられました。

 

つまり昭和32年の時点で「当時最高額の硬貨」の証である「ギザ」「10円硬貨・50円硬貨・100円硬貨」の3つに入れられてしまっていたんです!

 

 

そうして2年後の昭和34年に、10円硬貨と50円硬貨はギザが無くなり、100円硬貨のみギザ入りとなりました。

 

ちなみに昭和42年に50円硬貨に再びギザが入れられました。

これは5円硬貨と区別しやすいように、という配慮だそうです。

 

 

話がそれましたがまとめると…

ギザ10は昭和26年から昭和33年までの7年間しか発行されなかったため珍しいんです!

※発行年数が8年間ではなく7年間なのは、黄銅の入手が難しかったことや、10円硬貨の発行が必要なかったなどの理由から、昭和31年にはギザ10が発行されていないからなんです。

 

珍しいといっても、累計1億7000枚程度のギザ10が発行されたので、日本人が一人一枚持っていても不思議ではありませんね。

 

 

ギザ10の価値が高い発行年は?

スポンサーリンク

みなさんも気になるであろうギザ10の買取価格…。

発行年順にまとめてみました。

※査定金額は業者さんによって違います。以下の金額はおおよそです。

 

昭和26年

  • 発行枚数・・・1億106万枚
  • 新品未使用品・・・約6万円
  • 使用済・・・約15円

 

昭和27年

  • 発行枚数・・・1億8663万枚
  • 新品未使用品・・・約1万8000円
  • 使用済・・・約11円

 

昭和28年

  • 発行枚数・・・4億6630万枚
  • 新品未使用品・・・約1万8000円
  • 使用済・・・約12円

 

昭和29年

  • 発行枚数・・・5億2090万枚
  • 新品未使用品・・・約1万8000円
  • 使用済・・・約11円

 

昭和30年

  • 発行枚数・・・1億2310万枚
  • 新品未使用品・・・約2万5000円
  • 使用済・・・約15円

 

昭和31年

  • 発行枚数・・・0枚

 

昭和32年

  • 発行枚数・・・5000万枚
  • 新品未使用品・・・約4万円
  • 使用済・・・約25円

 

昭和33年

  • 発行枚数・・・2500万枚
  • 新品未使用品・・・約5万円
  • 使用済・・・約70円

 

 

ということで、最高額が昭和26年の新品未使用品のギザ10で約6万円、最低額が昭和27年と昭和29年の使用済みギザ10で約11円ということでした。

使用済みでも昭和33年のギザ10は、発行枚数が少ない分「約70円」となっています!

 

今すぐ財布の10円硬貨をチェックしたいですね・・・!

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ギザ10のルーツと、その価値についての雑学でした。

大人になってギザ10があったときの小さな喜びを忘れている方も多いのではないでしょうか?

あのギザギザには、たくさんの歴史や、驚きの価値が刻まれています。

もう一度財布を覗いてギザ10探しをしてみませんか?

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。