コーヒーの種類まとめ!カフェラテ?エスプレッソ?カプチーノ?

食べ物・飲み物の雑学

スポンサーリンク

カフェ・ラテ、モカ、カプチーノ、アメリカン…

一体何がなんだか…な方が多いのではないでしょうか?

 

街中やショッピングモール、どこに行っても「コーヒーショップ」があります。

コーヒーの種類が多く、よくわからなくて毎回「普通のやつで…」と注文していませんか?

 

たくさんあるコーヒーの種類からメジャーなものをピックアップしてご紹介します!

 

コーヒーの種類が多すぎる!わかりやすく解説します。

コーヒーは大きく分けると2種類!

 

コーヒーは大きく「ドリップコーヒー」と「エスプレッソコーヒー」の2種類に分けられます!

 

ドリップコーヒーの仲間に「カフェ・オ・レ」だったり、「ウィンナー・コーヒー」などがあり、エスプレッソコーヒーの仲間に「カフェ・モカ」だったり、「カプチーノ」などがあるんです。

 

コーヒーとはそもそも、火で煎った(焙煎した)コーヒー豆を粉砕し、抽出してできあがります。

「ドリップ」と「エスプレッソ」は、焙煎・抽出の仕方が違うんです。

 

  • ドリップコーヒーとは

浅煎り(焙煎の時間が短い)のコーヒー豆をフィルターに入れ、ドリッパーという器具にセットして、上からお湯をかけます。

お湯の重さでコーヒーの粉に圧力がかかり、フィルターで透過されコーヒーが落ちてきます。

 

  • エスプレッソコーヒーとは

深煎り(焙煎の時間が長い)のコーヒー豆を使います。

コーヒーを抽出するのに、エスプレッソマシンという機械を使います。

この機械で高圧力の水蒸気を吹きかけ、短時間でコーヒーの粉にお湯を通します。

 

 

「ドリップコーヒー」と「エスプレッソコーヒー」の違いはわかりましたか?

 

 

ドリップコーヒーの派生

 

ストレート・コーヒー

 

ストレート・コーヒーとは

1種類の焙煎豆から抽出されるコーヒーです。

 

シンプルなので、その豆本来の香りや味わいを楽しめます。

 

ブレンド・コーヒー

 

ブレンド・コーヒーとは

複数のコーヒー豆を混ぜて抽出されるコーヒーです。

 

 

お店独自のブレンドがあるので、お気に入りのブレンドコーヒーを見つけるのも楽しいかもしれないですね!

 

また自分でオリジナルのブレンドを作るのも、楽しいかもしれません。

 

カフェ・オ・レ

 

カフェ・オ・レとは

コーヒーとミルクが半分ずつ入っているコーヒーです。

 

カフェ・オ・レとはフランス語です。

カフェ=コーヒー、レ=牛乳(オ=前置詞)

 

 

ウィンナー・コーヒー

スポンサーリンク

 

ウィンナー・コーヒーとは

コーヒーの上にホイップクリームが乗っているコーヒーです。

 

「ウィンナー」とは、「ウインナーソーセージ」のことではなく

オーストリアの首都、「ウィーン」風のという意味があります。

 

しかしこのコーヒー、「ウィーン」には存在しません。

日本独自の呼び方(和製英語)なので、海外で「ウィンナー・コーヒー」と言っても、伝わりません。

 

ウィーンの方々は、エスプレッソにミルクを加え、上にミルクフォームを乗せた「カプチーノ」に近い種類を飲んでいるようです!

 

 

ダッチ・コーヒー

 

ダッチ・コーヒーとは

お湯ではなく、水で抽出されたコーヒーです。

 

「ダッチ」とは「オランダの」という意味があります。

しかし、オランダでは「ダッチ・コーヒー」が一般的ではないんです!

 

 

ではなぜ「ダッチ」と呼ばれるのか…

 

それは

戦前のインドネシアでは、苦味・えぐ味が強いコーヒー豆が栽培されていました。

水で抽出すると、苦味・えぐ味が抑えられることから、考案されたそうです。

このころのインドネシアは、オランダの領土だったので「ダッチ・コーヒー」と言われるようになったそうです。

 

 

アメリカン・コーヒー

 

アメリカン・コーヒーとは

浅煎りの豆で抽出されたコーヒーです。

 

苦味が少なく、酸味が強いことが特徴です。

 

「ウィンナー・コーヒー」と同様、和製英語なので、海外では通じないのでご注意を。

もちろんアメリカ人も、自分の国のコーヒーを「アメリカン・コーヒー」とは呼びません!

 

 

 

エスプレッソコーヒーの派生

 

エスプレッソ

スポンサーリンク

 

エスプレッソとは

エスプレッソマシンで抽出した、そのままのコーヒーです。

 

最初に紹介したとおり、短時間で抽出されるので、コーヒーの量は少なく濃厚なのが特徴です。

イタリアやフランスでは「caffé(コーヒー)」といえば、このコーヒーのことを指すくらい、当たり前に飲まれています。

 

 

普通のコーヒーカップの半分程度の量で出てくるのが一般的です。

なのでデミタスコーヒーとも呼ばれます。(demi=半分、tasse=カップ)

 

 

カフェ・マキアート

 

カフェ・マキアートとは

1杯のエスプレッソに、少しのミルクフォームを注いだコーヒーです。

 

*ミルクフォームとは蒸気で泡立てたミルクのことです!

 

「マキアート」は「染み付いた」という意味のイタリア語です。

注がれたミルクフォームが染みのような模様に見えることから、名付けられました!

 

 

カフェ・ラテ

スポンサーリンク

 

カフェ・ラテとは

エスプレッソに多めのスチームミルクを入れたコーヒーです。

 

*スチームミルクとは蒸気で温めたミルクのことです!

 

 

カフェ・ラテとはイタリア語です。

カフェ=コーヒー、ラテ=牛乳

 

「カフェ・オ・レ」との違いは、

  • 「カフェ・オ・レ」はドリップコーヒー+ミルク
  • 「カフェ・ラテ」はエスプレッソコーヒー+ミルク(多め)

なんです!

 

 

 

カプチーノ

 

カプチーノとは

エスプレッソとスチームミルクとミルクフォームを1:1:1で注いだコーヒーです。

 

*スチームミルクとは蒸気で温めたミルクのことです!

*ミルクフォームとは蒸気で泡立てたミルクのことです!

 

 

カフェ・モカ

スポンサーリンク

 

カフェ・モカとは

エスプレッソ、チョコレートシロップ、スチームミルクをまぜ、上にチョコレートパウダーをかけたコーヒーです。

 

チョコレートシロップの代わりにココアを入れる場合もあります。

 

「モカ」というのは、モカコーヒーというコーヒー豆の種類のことです。

モカコーヒーは、チョコレートに似た風味があります。

チョコレートを入れることで、モカコーヒーに近づけた「モカコーヒー風味のコーヒー」ということなんです!

 

 

カフェ・アメリカーノ

 

カフェ・アメリカーノとは

エスプレッソにお湯を注いだコーヒーです。

 

*アメリカンコーヒーとは別物です。

 

なぜ「アメリカーノ」なのかというと

濃いエスプレッソをアメリカ人がお湯で薄めたことを、侮辱する意味があったとされています。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

これで、コーヒーを注文するときに、友人や恋人との話題が一つ増えたのではないでしょうか?

コーヒーの種類、まだまだたくさんあります。

興味がある方はもっともっと詳しくなってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。