正数・小数の数字の桁まとめ!那由他、不可思議、刹那、阿摩羅…?

言葉の雑学

スポンサーリンク

いきなりですが、数字の桁をあなたはどのくらい大きい数まで言えますか?

 

「一、十、百、千、万、億、兆…。」少し詳しい方でも「京」くらいではないでしょうか?

私達が普段ニュース等で目にするのも「◯◯兆円の予算」だとか、「◯兆個の乳酸菌」など「兆」くらいですよね!

 

「兆」は数字で表すと1,000,000,000,000。

「0」の数が12個あります。

 

しかし、漢数字の桁で最も大きいものでは、「0」の数が68個の桁まで表すことができるんです!

 

また、少数の桁も漢数字で表すことができます。

野球などでよく目にする「◯割◯分◯厘」というのが一つの例です。

このような少数の桁・正数の桁ともにご紹介!

 

正数・小数の桁まとめ!由来や意味もご紹介!

 

正数

 

一(いち)

 

「1」

 

十(じゅう)

 

「10」

0の数は1個。

 

百(ひゃく)

 

「100」

0の数は2個。

 

千(せん)

 

「1,000」

0の数は3個。

 

万(まん)

 

「10,000」

0の数は4個。

 

億(おく)

 

「100,000,000」

0の数は8個。

 

「億」という漢字を分解すると「人」「意」という言葉になります。

「意」は意識の意で「おもう・こころ」という意味があります。

人が心で考えられるくらいの大きな数が「億」なんです!

 

兆(ちょう)

スポンサーリンク

「1,000,000,000,000」

0の数は12個。

 

京(けい)

 

「10,000,000,000,000,000」

0の数は16個。

 

垓(がい)

 

「100,000,000,000,000,000,000」

0の数は20個。

 

秭(じょ)

 

「1,000,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は24個。

 

穣(じょう)

 

「10,000,000,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は28個。

 

溝(こう)

 

「100,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000」

0の数は32個。

 

澗(かん)

 

「1,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000」

0の数は36個。

 

正(せい)

 

「10,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000」

0の数は40個。

 

載(さい)

 

「100,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000」

0の数は44個。

 

千載一遇」という四字熟語にも使われる「載」。

千載とは10の47乗(0が47個)のこと。

つまり「千載一遇」とは、「10の47乗分の1」の確率という意味だったんです!

 

 

極(ごく)

 

スポンサーリンク

「1,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は48個。

 

恒河沙(ごうがしゃ)

 

「10,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は52個。

 

恒河」とはガンジス川のことで、「」はを表しています。

つまり「ガンジス川の砂の粒くらい多い数」という意味なんです!

果てしないです…

 

阿僧祇(あそうぎ)

 

「100,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は56個。

 

アサンキャ」を漢字で表したのが「阿僧祇」。

古代インドなどに伝わる言葉(サンスクリット語)で「アサンキャ」は、「数え切れないほど大きな数」という意味だったそうです!

 

那由他(なゆた)

 

「1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000」

0の数は60個。

 

古代インドなどに伝わる言葉(サンスクリット語)で「ナユタ」は、「極めて大きい数」を意味しています。

 

不可思議(ふかしぎ)

 

「10,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000」

 

0の数は64個。

 

アチンティア」を漢字で表したのが「不可思議」。

古代インドなどに伝わる言葉(サンスクリット語)で「アチンティア」は、「思い計ることができない(ほど大きい数)」を意味しています。

「不可思議」という漢字からなんとなく想像できますね!

 

無量大数(むりょうたいすう)

 

「100,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

,000,000,000」

 

0の数は68個。

 

漢字で表せられる桁の中で最大の数です。

「無量」とは「無限」を意味しています。

 

 

 

小数

 

 

一(いち)

 

「1」

 

分(ぶ)

 

「0.1」

0の数は1個。

 

「分」という漢字は「刀で(八の字のように)左右に切り分けられている様子」からできています。

「1」を10個に切り分けることから「0.1」を「分」と呼ぶようになったんです!

 

厘(りん)

スポンサーリンク

「0.01」

0の数は2個。

 

毛(もう)

 

「0.001」

0の数は3個。

 

糸(し)

 

「0.0001」

0の数は4個。

 

忽(こつ)

 

「0.00001」

0の数は5個。

 

微(び)

 

「0.000001」

0の数は6個。

 

繊(せん)

 

「0.0000001」

0の数は7個。

 

沙(しゃ)

 

「0.00000001」

0の数は8個。

 

塵(じん)

 

「0.000000001」

0の数は9個。

 

埃(あい)

 

「0.0000000001」

0の数は10個。

 

渺(びょう)

 

「0.00000000001」

0の数は11個。

 

水が果てしなく広がっている様子を表した言葉です。

 

 

漠(ばく)

 

「0.000000000001」

0の数は12個。

 

「砂漠」の「漠」です。

はてしなく広い様子を表しています!

 

模糊(もこ)

スポンサーリンク

「0.0000000000001」

0の数は13個。

 

「曖昧模糊(あいまいもこ)」という四字熟語で使われ、「ぼんやり不明瞭な様。」という意味があります。

「曖昧」も「模糊」も「ぼんやりしている様子」という言葉です。

 

逡巡(しゅんじゅん)

 

「0.00000000000001」

0の数は14個。

 

「ためらう」という意味があり、「わずかの間」のことを言います。

「遅疑逡巡(ちぎしゅんじゅん)」という四字熟語で使われ、「ぐずぐずしてためらうこと。」という意味があります。

 

須臾(しゅゆ)

 

「0.000000000000001」

0の数は15個。

 

「しばらく」と読むこともでき、「しばらくの間」という意味があります。

「須臾の命。」のように使われます。

 

瞬息(しゅんそく)

 

「0.0000000000000001」

0の数は16個。

 

瞬間的に息をするくらい短いもの」という意味があります。

 

弾指(だんし)

 

「0.00000000000000001」

0の数は17個。

 

文字通り「指を弾く」行為を表しています。

親指を人差し指の上に乗せ、人差し指を伸ばし、親指が中指に当たるように弾く動作です。

この動作は排泄後の不浄を払う意味があります。

 

12,000回、弾指を行うと一昼夜が過ぎると言われ、一回の弾指が瞬間的なことから「とても短い時間」だとされました!

 

刹那(せつな)

 

「0.000000000000000001」

0の数は18個。

 

短い時間。瞬間。などを表しています。

 

六徳(りっとく)

スポンサーリンク

「0.0000000000000000001」

0の数は19個。

 

6種類ある、人が守るべき徳目」を表しています。

この6種類の徳目とは、「知・仁・聖・義・忠・和」または「礼・仁・信・義・勇・知」のこと。

 

虚空(こくう)

 

「0.00000000000000000001」

0の数は20個。

 

何も邪魔なものがなく、すべてが在る場所を表しています。

 

清浄(しょうじょう)

 

「0.000000000000000000001」

0の数は21個。

 

阿頼耶(あらや)

 

「0.0000000000000000000001」

0の数は22個。

 

阿摩羅(あまら)

 

「0.00000000000000000000001」

0の数は23個。