肉食魚「ピラニア」は人間を襲ったことがないって本当?

動物の雑学

スポンサーリンク

みなさんは「ピラニア」という名前を聞いてどんな想像をしますか。

おそらくほとんどの方は、「鋭い歯をもち、我々人間を集団で襲う凶暴で獰猛な魚」を想像すると思います。

ところが実際は、ピラニアは人を襲ったことがないといわれることがあります。

日本に住む私たちは、ピラニアという生き物をまったく身近に感じないかもしれませんが、実は日本でもピラニアを鑑賞用として飼っている方がいらっしゃるんです!

日本にピラニアがいない理由は、熱帯の魚であるため日本の海では温度が低すぎて死んでしまうだからそうです。

実は鑑賞用のピラニアが日本の湖で捨てられて、ピラニアの死体が発見されたということが過去には何回かあるそうです。

そんな、イメージと少し違うピラニアですが、実際にピラニアが人を襲ったことがないのかという雑学です!

どうぞ!

ピラニアってどんな魚?

「ピラニア」という魚は南米の熱帯地域に生息する肉食淡水魚の総称のことで、実はある一種類の魚について示しているわけではありません。

 

基本的には、カラシン目セルラサルムス科セルラサルムス亜科というものに属する魚のことをさします。

 

正式名称はさておき、ピラニアは鋭い歯をもった肉食魚のことだったんですね!

ちなみに「ピラニア」というのは現地のインディオの言語で「歯のある魚」を表しているそうです。

 

大きさはだいたい15cm60cmで、映画等で見られるものと同じくらいですね。

しかしその性格は映画とは真逆。

実はとても怖がりで神経質な性格をしています。

 

映画のように見つけた獲物をいきなり襲うなんてことはめったにしませんし、むしろ自分より大きな魚を見つけたらすぐに逃げ出してしまうような性格をしています。

 

映画で、ピラニアは群れをつくって行動する姿をよく見ますが、それはその臆病な性格から何匹もの群れをつくるということらしいです。

 

ピラニアは凶暴じゃない?

スポンサーリンク

前述の通り、ピラニアは自分より大きなものから逃げる臆病な魚です。

ピラニアは肉食で、実際に日ごろの餌としているものは、小型の魚やネズミなどといった小型の生き物を捕食しています。

 

ただし、そんな臆病なピラニアですが凶暴な一面も実際にはありました。

 

ピラニアはある条件がそろうと、急変し凶暴になることがあります。

 

それは血の香りと水面に物が落ちる音です。

ピラニアは、血液の臭いや水面に物が落ちる音に対して敏感に反応し、興奮状態になるんです。

群れが興奮状態に陥ると、とても激しく襲ってきます。

 

サメなども血の匂いを嗅ぎつけて弱った魚などを襲う習性がありますが、ピラニアも同じで弱った獲物を狙うといった習性をもっているということです。

残念ながら臆病なピラニアも、なんだかんだ肉食の魚ということですね。

せっかくイメージが柔らかくなったのに残念です・・・

 

結局ピラニアは人間を襲わない?

前述したとおり、ピラニアは臆病な性格であるため、自分より大きい私たち人間を襲うということはめったにありません。

私たちが普通にピラニアのいる川や海などに入ってもいきなり襲われるということはありません。

 

ただ、出血している状態で水の中にはいったり、ピラニアのいる水辺でパシャパシャと水面をはじいていると、もしかしたら豹変したピラニアたちが集団で襲ってくるかもしれません。

 

ただ実際ピラニア住処である南米でも、ピラニアによって人がなくなるということほとんどないそうです。

むしろ逆にピラニアを私たち人間が食べることが多いらしく、南米でピラニアはご馳走だそうです。

 

南米の方ではピラニアのイメージは少し歯の鋭い魚という、なんとも恐怖を感じないイメージだそうで、我々の持つイメージとは全然違います。

どうしてこのようにイメージに大きな差があるのかというと、映画やテレビ番組などの影響が大きいようです。

 

つまりピラニアというのは、めったに人間を襲わずむしろ、ピラニアのほうが我々人間を恐れているということでした。

 

さいごに

皆さんはピラニアの本当の姿を知ってどう思いましたか?

日本で飼育されていると聞いて、「私も飼ってみたいな。」と思った方もいるのではないでしょうか?

また、ピラニアのいる場所に入ってもめったに襲われないというをきいて、一度実際に南米に訪れて体験してみたいと思う勇気のある方もいるのではないでしょうか?

これからは映画をみて人を襲うピラニアの映像を見ても、これからは怯える必要はないですね。

むしろ一緒に見ている友達が怯えていたら「実際は、めったに襲わないらしいよ〜」と空気を和ませることもできますね!

もっとラフにピラニアの映像を観ることができますね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。